2019年夏、今もう一度オススメしたい映画・ドラマ『海猿』


2004年に公開された1作品目の映画「海猿」から始まり、これまでに5作品までもの海猿シリーズが映画かドラマ化されました。最後の5作品目が公開されたのは2012年夏。あれから7年たち海猿を見たことがない人、見たけど内容ってどんなんだけ?という方が増えてきました。そんな方はぜひこの機会に「海猿」をみて2019年の夏に一華添えましょう!

海猿とは?簡単なあらすじ

作中で海猿とは海上保安庁の潜水士のことを指し、潜水士の仙崎大輔(伊藤英明)を中心に日々、人命救助を行う海上保安官の活躍を描いた物語。

2004年の第1作目となる映画『海猿』では仙崎がエリート集団の潜水士になるために海上保安大学校に入校するところから始まる。全5作品にわたる海猿シリーズ。その中には仲間との友情や、恋があり、そして別れ、挫折も経験しながら潜水士として成長していくのが描かれている

海猿シリーズの見所をたっぷりご紹介!

まず1つ目は海猿の最大の見所と言ってもいい、仙崎をはじめ多くの潜水士たちが見せる友情。潜水士は必ず2人1組での行動を命じられていてその相手になった人をバディと呼ぶ。2人はお互いを信頼しあって行動し、人命救助にあたるが、ときに二次災害なのでバディが危険に晒されることがある。自分の身が危険にありながらも仲間を見捨てないという熱い友情。だけど。。。という場面には何度も泣かされました。


2つ目は仙崎大輔(伊藤英明)と伊沢環菜(かとうあい)の恋の行方です。2人が出会うのは第1作目。環奈は海上保安大学校のある広島県呉市出身で海猿の存在を知っており、昔から毛嫌いしていたんですが、仙崎と出会い徐々に環奈の海猿に対する考えが変わっていきます。しかし第2作目となる地上波ドラマ『海猿 EVOLUTION』では潜水士となった仙崎が抱える人命救助が仕事という人ならではの悩みや挫折もあり、環奈も理解しようとはするけども、なかなか前に進めずお互いに何度もすれ違っていきます。そこに環奈の職場の上司が恋のライバルとして現れたりと、恋愛の話も多く入ってきて話に飽きを感じさせません!

↑海猿を見た方はこのシーンに見覚えがあるのではないでしょうか?2人の名シーンです。


最後3つ目は圧倒的な迫力のある災害シーンです。見ていて一体いくらかかってるんだと思うほどダイナミックな演出がいくつもありました。また第4作目となった『THE LAST MESSAGE- 海猿』ではシリーズ初の3D上映として、もともとの制作費の1.5倍もの予算を投じたそうです。そういった背景があり、この大ヒットした海猿が生まれたと思います

海猿を時系列でご紹介!5作品の見る順番!?

海猿ってドラマから見ればいいの?映画から?って思う人のために時系列で見る順番を書いていきます!

  • シリーズ第1作目 映画『海猿』 2004年公開
  • シリーズ第2作目 ドラマ『海猿 EVOLUTION』 全11話
  • シリーズ第3作目 映画『LIMIT OF  LOVE-海猿』 2006年公開
  • シリーズ第4作目 映画『THE LAST MESSAGE- 海猿』
  • シリーズ第5作目 映画『BRAVE HEARTS-海猿』2012年公開

上記から見る順番は 映画→ドラマ→ 映画→映画→映画といった順番です。ドラマは11話あり、1話だいたい1時間と海猿シリーズを全部みようと思ったらかなり時間がかかります。けれど1作目からちゃんと見ることによって仙崎はじめ周りの仲間の成長を感じれるので、映画だけ、ドラマだけ、といった味方はあまりオススメできません。というか、初めの海猿をみてシリーズ第2作目のドラマの1話までみたらあとは気づいたら最後まで見てると思います。それだけ面白い話になってます!ぜひ2019年の夏によい海猿Lifeを!

最新情報をチェックしよう!