映画『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生』あらすじ・感想


  • 上映日 2018年1月13日
  • 上映時間 111分
  • 監督 マルク・ローテムント


   キャスト

  • コスティア・ウルマン
  • ヤコブ・マッチェンツ
  • アンナ・マリア・ミューエ
  • ヨハン・フォン・ビューロ
  • アレクサンダー・ヘルト

あらすじ・弱視という病気を抱える主人公が起こす奇跡の実話

スリランカ人の父とドイツ人の母を持つ青年サリーは先天性の病で視力の95%を失うが、周囲が勧める盲学校への入学を拒み、努力の末に普通高校を卒業する。そして14歳からの夢であるホテルマンになるために様々なホテルに応募するが、障碍のためにことごとく断られてしまう。そこでサリーは障碍を隠してミュンヘンにある最高級5つ星ホテルに応募すると、持ち前の真面目さが買われ、見習い研修生として働くことになる。卓越した記憶力と聴力を活かし、障碍を周囲に悟られないように懸命に働くサリーだったが、それでもどうしても失敗してしまうことがある。しかし、同じ研修生仲間のマックスをはじめ、サリーの障碍に気づいた人々の親身なサポートのおかげで何とか課題をクリアしていく。また、ホテルに野菜を納めている農場の女性ラウラと恋に落ち、公私ともに充実した日々を送るようになる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/5パーセントの奇跡_〜嘘から始まる素敵な人生〜

感想・夢を叶えようという熱い気持ちに胸をうたれる

主人公サリーの視力は普通の人の5%しか見えない。それでも自分の夢、五つ星ホテルで働くという夢を叶えるために努力をする。実話の話ということもあってもし自分がサリーの立場ならと考えながら見ていましたが、とてもじゃないけど同じ行動を取ることはできない。サリーを支えたマックスと出会え、手を差し伸べてくれたのもサリー自身の性格があってのもの。いいことをすればそれは返ってくる。そうゆう当たり前のことができるサリーは本当にすごい。自分の小さな悩みなどどうでもよく感じ、これからの日々を1日1日大事に、できることからする。感動もありましたが、まっすぐな生き方を教えてくれ、頑張れ!と応援される映画です。

最新情報をチェックしよう!